本文へスキップ

日本製紙北海道紙工株式会社は、日本製紙株式会社 北海道工場の構内協力会社です。

代表取締役メッセージMESSAGE


代表取締役メッセージ

CEO

当社は日本製紙(株)北海道工場 白老事業所及び勇払事業所で生産された原紙の製品仕上げ加工・製品検査業務を行っている会社です。

両事業所内の仕上げ加工・検査工程では、巻取・平判製品について、お客様にご満足いただける製品をご提供する為、各工程で誠意を尽くし、加工・検査をしております。
より良い製品を高効率で加工する為、機器のメンテナンス、新技術導入も計画的に実施しております。又、従業員が安全最優先で明るく楽しく業務できる環境とする為、作業環境改善にも取り組んでおります。常にお客様へ、より良い製品をご提供できると考えており、白老・勇払の地域社会に根付き貢献できる会社を目指しています。


会社沿革

1995年 3月
大昭和CPS株式会社設立。(大昭和製紙 白老工場 製品検査課が分社化)
2001年12月
勇払紙加工センター株式会社設立。(日本製紙 勇払工場 仕上課が分社化)
2003年 4月
大昭和製紙株式会社と日本製紙株式会社が合併。
2007年 7月
大昭和CPSと勇払紙加工センターが合併し、日本製紙北海道紙工となる。
2010年 4月
日本製紙 白老工場・勇払工場・旭川工場を統合し、北海道工場となる。

日本製紙北海道紙工株式会社

白老事業所
〒059-0993
北海道白老郡白老町字北吉原181
(日本製紙株式会社北海道工場
         白老事業所内)

TEL 0144-83-1726
FAX 0144-83-1444


勇払事業所
〒059-1395
北海道苫小牧市字勇払143
(日本製紙株式会社北海道工場
         勇払事業所内)

TEL 0144-56-2342(代表)
FAX 0144-56-2056